忍者ブログ
ポケモンバトル(非ガチ)、HR/HM鑑賞、相撲観戦などを趣味とする大学生のブログ。
 933 |  932 |  931 |  930 |  929 |  928 |  927 |  926 |  925 |  923 |  922 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こってりしぼりとられました。

先日マーク模試を受けたんですがね。ちょっと英数が悪いなーと思いつつ、親に「どうやった?」と聞かれると、「いや、ちょっと悪かったんやけど、まあマーク模試で8割を切るということはありえないから」と答えておきました。

で、今日、問題と答えが返却されたんですよ。

さっそく自己採点。

私の流儀として、いちいちどの教科から採点するかとか考えるのは邪魔くさいので、受けた順に採点することにしてるんですね。

地理97点。おーええやんか。
世界史97点。まあ許容範囲かなーっていうかまあいいですよ。
国語179点で、ふむ、まあよくやっとるのう。
リスニング28点。あれ。おかしいなあ。
英語159点。おやおやおや。
数学1A65点。おいおいおいおいおいwww
数学2B65点。・・・
生物84点。ほっ。
736/900 82%

はい。東大とか出願できません。
早稲田はおろか中央のセンター利用も受かる見込みがないです。
阪大後期は出願しても絶対受かりません。
阪大前期が危ういです。中央は河合塾大阪校まで受験に行かなければなりません。大阪市立大後期に出願せざるを得ません。

これセンター本試やったら泣きますよ。いやもう腹じゃなくて首をくくるレベル。

英数でここまで無様な成績でありながら阪大前期で勝負できるレベルってのはまあありがたい話ではありますが。

ひさしぶりに模試で落ち込みましたね・・・オープンD判よりよっぽどつらい。

だいたい、私の試算で、最低防衛ラインが
英語170国語160数学170理科85地歴190 の770/900(85.5%)なんですわ。
これでだいたい阪大前期が堅くなり、中央法センター利用がほぼ受かります。
そんで、だいたい90%超えると阪大後期が堅くなるので、前期は東大に出願する、ということになるわけです。(逆に、センターで9割なかったら前期は阪大に出願する意図があるということなんですが


いや、もう相当落ち込みましたわ。これで東大の数学で6割くれとかちょっと望みすぎですかねえ。マークで65(笑)ってなんなんです。

ていうか、東大opとか昨日受けた全統記述(死亡)とか、これとドッキングするんです。わろす。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
チャット

チャット4
お気に入り
公私混同もはなはだしいフリーエリア。 親との共用パソのためお気に入りへの追加を禁じられています。 ということで、私が頻繁に行くサイトをここに(
マスターボール
トレーナー天国
ポケモン攻略の部屋
ポケモン広場
POKeDEX250
参謀の泰然自若

アナザーブログ
リンク
.
最新コメント
[04/06 CharlesWark]
[07/15 化石]
[07/12 雪]
[01/28 化石]
[01/27 mahha]
バーコード
プロフィール
HN:
化石
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
ポケモン・スマブラ
自己紹介:
化石というHNの由来
:中2の頃、ポケモンをやっている自分のことを友人が「時代遅れ」という侮蔑の意味をこめて「化石」と呼んでいました。
うまいHNを思いつかなかったので採用(



ポケモンのプレイ時間は999:59です。
そして、個体値の妥協基準は2V性格一致です。
他の個体値は一切気にしないというアバウトな人間です。
だったんですが、最近3Vくらいはほしくなりました(

6月10日午前8時現在、204勝193敗。



スマブラXの対戦回数は通常・ワイファイあわせて1000回超えたくらいです。
いまゲームウォッチが旬です。


6月8日現在、サザエさんに8連勝中
フリーエリア
アクセス解析
Copyright ©  化石のスマポケ帳  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]