忍者ブログ
ポケモンバトル(非ガチ)、HR/HM鑑賞、相撲観戦などを趣味とする大学生のブログ。
 702 |  701 |  700 |  699 |  698 |  695 |  697 |  694 |  696 |  693 |  692 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

チンリンホワイラインの解説をしようと思います。なるべく簡潔に。


チンリンホワイライン チンリン・ホワイライン 
チンリンホワイ線 チンリン・ホワイ線
秦嶺淮河ライン 秦嶺・淮河ライン
秦嶺淮河線 秦嶺・淮河線
検索にひっかかるようにいろいろのせてみました。
いろいろ呼称があると検索するのも大変ですよね。

さて、チンリンホワイ線とは、中国東部の畑作と稲作の大まかな境界線で、秦嶺(しんれい、チンリン)山脈と淮(わい、ホワイ)河を結ぶとこの境界線にほぼ一致することから名づけられました。この境界線は年降水量がおよそ800ミリから1000ミリの境界線になっています(北が降水量少なく、南が降水量多い)。

一般に、この淮河より北を「華北」、南を「華南」、とよびます。(なお、黄河以北を華北、長江以南を華南、両大河の間を華中とよぶ呼び方もあります。)

華北は小麦・あわ・こうりゃん・トウモロコシ・大豆など畑作が中心で、華南は稲作が中心です。
ですから、食文化も作物によって南北で異なります。

さて、ここまでが一般的なチンリンホワイ線の説明です。
ここでは、ひとつ、例外を紹介したいと思います。

中国東北地方の黒竜江省(ヘイロンチャン省)(チンリンホワイ線よりかなり北)では、近年稲作が盛んになっています。ここは土壌がよく、トウモロコシや豆類の栽培が盛んだったのですが、緯度は北海道と同じくらいなので、うまくいけば一大米作地帯になる、ということで、政府はここを灌漑しました。

そしてこの政策は成功し、黒竜江省は米の有力な産地になりました。この省だけで、日本の米の総生産より多く生産しています。ちなみに、トウモロコシや豆類も健在です。

チンリンホワイ線の北でも稲作が盛んな地域があるという一例です。

※補足
中国の地域区分についてです。
地理で最も多く、一般的に使われている地域区分は、「淮河以北=華北」「長江流域=華中」「南シナ海に近い地域=華南」であるようです。
いろいろな分け方があって煩わしいですが、地理を学習する際はこちらを参考にしていただきますようお願いします。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カウンター
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
チャット

チャット4
お気に入り
公私混同もはなはだしいフリーエリア。 親との共用パソのためお気に入りへの追加を禁じられています。 ということで、私が頻繁に行くサイトをここに(
マスターボール
トレーナー天国
ポケモン攻略の部屋
ポケモン広場
POKeDEX250
参謀の泰然自若

アナザーブログ
リンク
.
最新コメント
[04/06 CharlesWark]
[07/15 化石]
[07/12 雪]
[01/28 化石]
[01/27 mahha]
バーコード
プロフィール
HN:
化石
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
ポケモン・スマブラ
自己紹介:
化石というHNの由来
:中2の頃、ポケモンをやっている自分のことを友人が「時代遅れ」という侮蔑の意味をこめて「化石」と呼んでいました。
うまいHNを思いつかなかったので採用(



ポケモンのプレイ時間は999:59です。
そして、個体値の妥協基準は2V性格一致です。
他の個体値は一切気にしないというアバウトな人間です。
だったんですが、最近3Vくらいはほしくなりました(

6月10日午前8時現在、204勝193敗。



スマブラXの対戦回数は通常・ワイファイあわせて1000回超えたくらいです。
いまゲームウォッチが旬です。


6月8日現在、サザエさんに8連勝中
フリーエリア
アクセス解析
Copyright ©  化石のスマポケ帳  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]