忍者ブログ
ポケモンバトル(非ガチ)、HR/HM鑑賞、相撲観戦などを趣味とする大学生のブログ。
 1 |  2 |  3 |  4 |  5 |  6 |  7 |  8 |  9 |  10 |  11 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも。最近無気力気味の私です。

どうにもすべてのことついて無気力ですね。

とりあえず春休みまでにやらないといけないことが

・期末試験
・引っ越しおよびそれに付随するさまざまな厄介ごと
・自動車合宿
・予備校の申し込み


という面倒なことが山積みになってるせいでがんじがらめにされて何もする気力が起きません。そもそもゴミの巣窟みたいになってる部屋が片付くビジョンが見えません。

パソコンに同時に色々なことやらせすぎたりボタン連打したりしたらビジー状態になってフリーズしたりしますよね。今の私がそんな状態になってます。一度に色々なこと考えながら生きるのは辛い。まあ、それくらいがこなせるようにならんと社会人にはなれんのだと思います。やっぱり大人ってすごいわ。

と自分がまだまだ子供だなあと自覚したところで、悲しいかな無気力状態から立ち直ったわけではないんですねー。

自分をコントロールするってのは難しいもんです。私みたいに、毎日コツコツやるのは苦手で、かといって大量の課題を一気にこなすのも無理というような人間は、きっとクズ人間で大成しない人間なんだと思います。

自分が死ぬまでってのを考えてみると、ただただ雑務に追われて死んでいくだけのような気がします。何のために生きている・生かされているんでしょうか。なんかよくわかんなくなってきますよね。人間が塵から生まれて灰になっていくだけの存在だとしたら、その塵から灰への変わるほんの一瞬の時間に、なにをしろというのでしょう。

試験が終わったら老子でも借りて読みましょうかね。なんかこんな無気力なまま試験受けたら進級できるかどうかも怪しいような気がしますけど。なんかそれすらがもうどうでもいいくらいに気力がありません。どっかに気力って売ってませんかね???

試験勉強をするのが辛くてイヤなんじゃなくて、もう試験結果とか人生のありとあらゆる事象がどんな結末を迎えようがどうでもいいという精神状態になると、なかなか辛いものがありますね。今回の無気力状態は私の20年間の人生のなかでもかなり重症なものだというのはなんとなくわかります。こんなに病んだ記事をブログに投下したことがないのでねw

なんか最近では一人暮らしの人が自分で自分の世話を放棄して部屋の中で一人で餓死したりするらしいですね。テレビでそのニュースを見たときは「自分の世話を放棄するって意味沸かんねーよwww」って思ってましたが、人間ですから、そんなときもあるのかもしれないですよね。そんな状態で死んでいくのって当人からしてみればどんな感じなんでしょうか。どうでもええわって布団にくるまって、だんだん動けなくなっていって、そのまま息が絶えるわけですが。中国では人間の中には「気」なるものがあってそれが生きるエネルギーみたいなもんになってる、ということになってたらしいですが、まさにその「気」が抜けて行って抜け殻になったようなもんじゃないでしょうか。

んんー。まあさすがの私も腹が減ったらご飯を食べに行ってますけど。さっきから何十回ため息ついたんだろ。わかんないや。

なんかもうどうでもいいというか。なんせあと50年もあるんですよ。何を楽しみにしてそんなに生きないといけないんでしょうかね。神はそんなことに答えを与えてくれないままに人類を誕生させてしまったんですよ。私は神を恨むよ。答えくらい用意しとけっつーの。ああ、答えらしきものはあるかもしれないよね。何のために生きるのか。その答えを見つけるために生きる、ってのが答えでしょうか。わけがわからん。でもいまの私が見つけた答えらしきものはそれくらいしかなかった。

なんかどうやら希望の光のようなものが見えてきましたね。とりあえず今は無気力でもなんでもいいんで、適当に生きてれば、案外ぽっと答えみたいなのがひらめいてくるかもしれないというわけです。よしよし、じゃあ今から試験勉強でもしようか。

・・・でもやっぱり試験勉強は辛いなwww
PR
んんーwwwあけおめことよろですぞwww
2013年ですなwww一瞬素数かと思いましたが3の倍数でしたぞwww
ちなみに我が少し計算してみたところ2017は素数かもしれませんぞwww汝殿も計算してみてはいかがですかなwww


みなさん今年も当ブログならびに私化石をよろしくおねがいします。

元日はやはり何かと忙しく、更新できませんでしたね。

今年の野望は、女性の知り合いを増やすことです。

野望ってわりに大したことないと思われたそこのアナタ。私がこの1年でつくった女性の知り合い(知り合いをどう定義するかにもよりますが、とりあえず顔を見てお互いの苗字が分かる人としましょう)は15人に満たないです。自分でもびっくりですね!というわけで、野望です。倍増させます。なお、どこにそんな機会があるのかはわかりません。そんなもんこれから考えましょ。

ええ、ぶっちゃけ年明けの小学校の同窓生が集まる成人の祝いが一つのポイントと考えています。同級生だからカウントしないという軽々しい突っ込みね、ありがとうございます。8年たったら顔もわかんないんですから、そこで相手を認識したら新しい知り合いみたいなもんですよ。
さ、楽しみ(藁)ですね。どうせ大学でなにやってるん?てきな質問をするんだろうしされるんだろうけど、私はどう答えたらいいんだろうね。チェスやってるんよ~珍しいでしょ?チェスするためにわざわざ慶應行ったんやで?とか言っておきますか。まあ私は相手にいっぱいしゃべらせるようにセンスのいい質問をたくさん考えておいたほうがいいですね。
間違っても男友達にさえ、年末にコミケ行ったなんて言ってしまわないようにします。やっぱりあんまり得策じゃないですよね。変なところから食いついてくる可能性も否定はできませんがwww

帰りの新幹線の中で考えましょうか。

どう考えても小学校の集まりの前日の高校の集まりのほうが気楽に楽しめそうだよなあ。女がいるとどうも男の言動・行動が虚飾に満ちたものとなって、厚化粧の粉がこっちまで降りかかってきそうでたまらなく不愉快。男子校は素晴らしい。みんな着飾らず、ありのままの自分をさらけ出せるから。うちのチェスサークルなんて女子がいないうえに男子校出身者が多いので、そういった気風でたいへん過ごしやすいですね。女性と一緒に過ごすときに何が苦痛って、女性と話すこと自体ではなく、女性がいる場においての男性との接し方が辛いですよ。相手の面子を立ててやらないといけないし、かといって自分もしっかりと発言していかないといけない。ほかの男性の着飾った態度も許してやらないといけないし、何より自分も普段より着飾った発言をしている自覚があり、自分自身を許すのが一番難しい。勉強しなきゃいけないときに昼寝する自分は許せても、女性だからといい恰好をしようとする自分はゆるせない。新年一発目の記事から何書いてるんだろ。まあいいや、そのうち読み返して得るものがあったり、笑い飛ばせるものがあるかもしれない。いかんせん、私はまだまだそういった場での経験が圧倒的に足りないんだから。そのうちだれが相手でも自然体で過ごせるようになるっしょ。

もっとも、6年の男子校生活で身についた発言様式が自分の中でスタンダードになっていますが、それすらも虚飾に満ちているのかもしれませんが。そうなったら自分の自然体って何なのかって話になりますが。ただ、その様式を続けることに違和感がなければ、その様式はすでに自分のものになっているということでしょう。だから、男子校的様式は私のものになっているし、共学的様式はまだ自分のものになっていないと。高1のころはまだ深夜アニメを録画して授業終わって返ってきたら見るという習慣は何かどこかから借りてきたような違和感がありましたが、今ではごく自然な習慣として、週8本のアニメを消化していました。

女慣れというより女のいる場全体への慣れ、という概念を発見・提示できたことに新年一発目の記事を書いた喜びを見出しています。

おまけ
やっぱり妹は女じゃないね。彼女や嫁だとこうはいかんでしょ。
広告が邪魔ですみません。忍者ツールに金払わないと出続けます。私は設けている側ではなく、うざい広告を張り付けられている側なのです。広告の下に、続きへのリンクがあります。
うるう年&オリンピック&大統領選イヤーでしたな。

今年はいろいろありました。入試、入学、コミケ初参加などなど。

色々書いてるときりがないので、コミケの感想を書こうと思います((

最初ということで、30日は適当にいくつか行きたいところを目星つけて、10時ジャストに現場に着いたら入場まで何十分待たされるのかなーって試してみました。

10時40分くらいに入場できましたね。雨の中の待機はつらかったです。10個くらいサークルに目をつけてたんですが、長蛇の列ができてるとこ以外は1時間ほどですべて回り終えてしまい、あとは適当にぷらぷらしていました。7100円使ったそうです。

31日は19時の便で実家に帰る予定だったため、荷物を寮に取りに帰る暇がなく、仕方ないので10時に羽田空港に行って荷物をコインロッカーに入れてから会場に向かいました。まあ、30日のリサーチで、11時くらいに行けば待機なしで入場できるとわかってたので、そのようにしたんですよね。11000円ほど使ったらしいですよ?

で、おもしろいなーと思ったのが、30日に長蛇の列だったサークルが、31日だと列なしですぐに買えたりしたことですね。30日に売り切れた新刊が31日に復活していたというw

まあ、今年もいろいろありました。年末に授業を切って参加したチェスの大会では、授業を休んだ日に2連敗して戦績悪すぎで試合なしになったりもして、しかし次の日は謎の3連勝をするというようなこともありました。

人生何が起こるかわからんもんです。そもそも私が今の大学に入ったのも、何かの間違いのような、そんな出来事でした。

来年はいったいどんな間違いが起きるのかと楽しみにしております。さようなら2012年。
選挙結果の要因をグダグダと分析するのは専門家に任せて、感想だけさくっと行きましょうか。

まず、有権者として、投票先に悩みました。小選挙区と比例と1票ずつ入れることができますが、これ一体どうしたものかなあと。大学で選挙についての授業を受けていることもあり、いろいろと余計なことを悩みましたw

投票して、帰って夜になって選挙特番見てました。池上彰さん、選挙をネタにしておもしろいこと言いすぎ。

さて、小選挙区制の宿命で自公が大勝したわけですが、いよいよ選挙制度改革が必要かという印象を受けましたね。現在の参院の存在意義に疑問を呈する維新の躍進もあります。統治機構の改革の手始めとして、そろそろ選挙制度改革をやってみたらどうでしょうか。

自民党の最大の課題である憲法改正ですが、現時点で最大の問題は、96条(両議院で各総議員の3分の2以上賛成で憲法改正発議)を改正するために必要な3分の2の議席を、来年夏の参院選で確保できるかどうか、ということです。大変ですね、自公は参院選をにらみながら政権運営をしないといけないんですから。

実は私の最大の関心事は、民主党です。全国300の小選挙区があり、民主党が勝ち取ったのはわずか27議席。比例を合わせて57議席です。二大政党とはなんだったのかという減退っぷりです。それだからこそ、生き残った議員、とりわけ小選挙区で勝ち残った議員はいずれも実力者ぞろいです。小沢氏・鳩山氏といった膿を出しきり、新たな民主党としての再スタートをする「チャンス」を得たわけです。今はあまりの大敗で呆然としているでしょうが、なんとか立ち直ってもらいたいものです。私の予想では、やはり野党民主党は岡田さんでなければまとまらないという風になるでしょう。なんだかんだで岡田さんは自分がそういう役割を担うであろうということを、去年くらいから認識していたのではないかと。野田さんや前原さん、岡田さんなど、有能な議員は民主党にはいるわけです。ぜひともがんばっていただきたい。自公の政権運営のチェック係は維新では務まりません。民主党がしっかりすることで、日本の政治がよくなります。

とまあ民主党に熱いエールを送っておきますが、べつに民主党の支持者でもなんでもないどころか、さっさと民主党政権は終わってくれと思っていた人なんで、その辺は誤解のなきようw
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カウンター
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
チャット

チャット4
お気に入り
公私混同もはなはだしいフリーエリア。 親との共用パソのためお気に入りへの追加を禁じられています。 ということで、私が頻繁に行くサイトをここに(
マスターボール
トレーナー天国
ポケモン攻略の部屋
ポケモン広場
POKeDEX250
参謀の泰然自若

アナザーブログ
リンク
.
最新コメント
[04/06 CharlesWark]
[07/15 化石]
[07/12 雪]
[01/28 化石]
[01/27 mahha]
バーコード
プロフィール
HN:
化石
性別:
非公開
職業:
学生
趣味:
ポケモン・スマブラ
自己紹介:
化石というHNの由来
:中2の頃、ポケモンをやっている自分のことを友人が「時代遅れ」という侮蔑の意味をこめて「化石」と呼んでいました。
うまいHNを思いつかなかったので採用(



ポケモンのプレイ時間は999:59です。
そして、個体値の妥協基準は2V性格一致です。
他の個体値は一切気にしないというアバウトな人間です。
だったんですが、最近3Vくらいはほしくなりました(

6月10日午前8時現在、204勝193敗。



スマブラXの対戦回数は通常・ワイファイあわせて1000回超えたくらいです。
いまゲームウォッチが旬です。


6月8日現在、サザエさんに8連勝中
フリーエリア
アクセス解析
Copyright ©  化石のスマポケ帳  All Rights Reserved.
* Photo by Kun   * Material / Template by tsukika    * 忍者ブログ [PR]